西野亮廣エンタメ研究所の過去記事

一年前の西野亮廣エンタメ研究所で投稿された記事をアップしてます

2020年02月22日のエンタメ研究所の過去記事

2月22日(土) ※2月24日以降は『いいね』を押さないでください。
━━━━━━━━
こんにちは。
半年前から決まっていた海外出張5時間前に、海外出張を取り止めてしまったキングコング西野こと「圧倒的感情優先型天狗」です。 
さて。
現在、僕らは、映画『えんとつ町のプペル』、絵本『みにくいトーマス ~えんとつ町に咲いた花~』、絵本『夢幻鉄道』、オフブロードウェイミュージカル『Poupelle of Chimney Town』…の計4タイトルを制作中です。
その裏で、さっき、会社のグループLINEで「サロン限定公開のオリジナル映画を毎年1タイトル作っていきましょうよ」という問題発言を炸裂させました。(#今のところは無視されています)
僕らのチームが「コンテンツメーカー」であることに疑う余地はありません。
かれこれ何年も、朝から晩まで、コンテンツを作り続けています。
傑作が生まれれば飛び上がってウキャウキャしますが、そりゃ、生まれない時間帯の方が長く、基本的には「畜生。今日もダメだった。明日こそは!」の連続です。トホホ。。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ヒット作品」と「成長する作品」は違う
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
それでも、めげずにコンテンツを作り続けていくと、「ヒット作品」と「成長する作品」の違いがクッキリハッキリ見えてきます。
整理して考えると、とっても分かりやすいです。
まず、世の中には、『ヒットしない作品』と『ヒット作品』の2種類に区分けできます。
そして、『ヒット作品』は、もう少し細かく分けることができます。
それは、『成長しないヒット作品』と『成長するヒット作品』です。
それぞれの特徴は、次のとおり。
・成長しないヒット作品→ 一過性である
・成長するヒット作品→ 継続性がある
こうなってくると、狙うは『成長するヒット作品』になってきます。
ここで、僕らは議論しなくてはいけません。
テーマは「『成長しないヒット』と『成長するヒット作品』は、どこで分かれるのか?」です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 『成長するヒット作品』の正体は「コンテンツ」ではなく「サービス」である
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このことを語る上で、コルクの佐渡島庸平さんがオススメされていた『オタク経済圏創世記』という本が最高なのて、コンテンツメーカーの方は是非読んでいただきたいのですが…読まなくてもいいように、これから端的に説明しますが、要するに「成長するヒット作(継続性)」と「成長しないヒット作(一過性)」を分けているのは、『サービスになっているか、否か」です。
家政婦のミタ』は大ヒットしましたが、そのヒットは「コンテンツ」にとどまり、「サービス」になっていないので、現在は『家政婦のミタ』の制作スタッフの「経歴」ぐらいでしか機能しておらず、新規ファンの獲得およびスタッフの雇用には繋がっておりません。
これは、「『家政婦のミタ』の経営陣がサボっている」という話ではなくて、「そもそも、サービス化しにくい作品である」というところだと思います。
引き合いに出して申し訳ないのですが、『えんとつ町のプペル』のサービス化の展開って、想像がつくじゃないですか?
舞台や、映画や、個展や、VRや、美術館や、スナックやら、あれやこれや。
去年、サロン内で、お話ししましたが、『えんとつ町のプペル』という作品は、「VR映えするように、町は【高低差】を作ろう」といった感じで、“2次利用、3次利用されやすいように”設計したわけですが、それもこれも、「そもそもサービス化しやすい構造であった」というのが大きいです。
今、あらためて思うのは、どれだけ汗を流して、どれだけ時間をかけて、ヒット作を生んでも、それが「サービス化できない作品」であれば、消費されて終わってしまう、ということ。
一方で、サービス化して、キチンと受け皿を用意できれば、あとはその受け皿に『足し湯』のように新ネタを投下していけば、作品は成長し続けます。
こうなってくると、「そもそも(消費されて終わってしまうような)サービス化できない作品を生み出す必要はあるのか?」という話になってきます。
ここを「割りきれる人」と「割りきれない人」がいて、僕は、どちらかというと「割りきれない人」なので、ときどき、「ごめん。今回の作品は、僕の精神衛生を健康に保つことに比重がおかれた“消費されて終わる作品”だけど、作らせてね」と言って、作っています。
大切なのは、作品制作時に「サービスになるか、否か?」というチェックを要れているか否かで、ほとんどのクリエイターは、盲目的に『良い作品』を作りにいっているので、それだと、特にこれからの供給過多の時代は「あれだけ時間をかけて、こんなに素晴らしい作品を作ったのに!」と苦虫を噛む場面が増えてしまうと思うので、作品制作に向き合う際は、まず「この作品はサービスになるのか?」と疑う目を持っておいた方がいいと思います。
今、「映画『えんとつ町のプペル』のチケットの半券を持ってきてくれたら、こんなサービスを提供します」と表明してくれたお店を(西野サイドが)宣伝する仕組みを作ろうかとボンヤリ考えています。
現場からは以上でーす。
【追伸】
映画のプレゼント企画に参加される子供団体の代表者(代理人)の方は、こちらの応募フォームから、御応募ください↓
んでもって、添付した画像を見て、「この施設なら、支援したいかも!」と思った方は、画像にコメントください。
決定事項ではなく、その声を参考にさせていただきたいです。
 
 
▼オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』入会はこちら ↓↓↓